BLOGブログ
BLOG

腰痛の原因は腹筋運動?正しい腹筋とは?

2021/01/01
腰痛の改善には腹筋を鍛えると良い、と聞いたことがありますか?
過去にはそういったことも言われていましたが、実は正しい腹筋運動でないと逆に腰痛を悪化させてしまう可能性があることがわかっています。

正しい腹筋について知っておくと腰痛の改善へと役立てることができます。

▼なぜ腹筋が腰痛を悪化させるの?
腹筋運動は確かに腹筋を鍛えることができますし、腰痛の予防にも役立たないわけではありません。
ですがよく見る上半身を起こして行う腹筋運動は筋力が足りない方の場合は逆に腰を痛めてしまうのです。

筋肉は使わないと衰えてしまいますし、加齢によってもどんどん退化してしまいます。
腹筋が発達している方はそもそもあまり腰痛を感じないようです。
つまり無理にハードな腹筋運動を、普段行っていない方が行うと腰を急激に痛めてしまうということなんです。

▼腰を痛めない腹筋運動とは?
自分に合わせた無理のない腹筋運動を行うことが大切です。
腰を痛めにくい腹筋運動は寝転がり足を上に向け、下にゆっくり下しまた上に上げるを繰り返す、などの運動です。
上半身を必死に起こすだけが腹筋を鍛える運動ではありませんし、あの腹筋運動は正直きつくてあまり長続きしませんよね(笑)

腹筋運動は苦手と言う方は体幹トレーニングやヨガもおすすめです。
体幹を鍛えると緩んだ筋肉を固め、腰を安定させやすくなるので腰痛が軽減されます。
バランス感覚を養うのにもインナーマッスルを鍛えるのにも体幹トレーニングはとても人気の高いトレーニングです。

▼診断名のある腰痛の方はトレーニングに要注意!
椎間板ヘルニアや腰痛すべり症といった検査を受け診断を受けるような腰痛の方にはトレーニング選びはまた違ってきます。
自己流やテレビで良いと言われているものをまねしておこなってしまうことで悪化してしまう可能性もあります。

診断を受けている方は医師の指示に従ったトレーニングを行うようにしてください。