BLOGブログ
BLOG

首が痛い!リンパ浮腫は首にも関係がある?

2020/06/13
デスクワークなど、長時間座っている姿勢やパソコン、スマホをずっと見続けていると、首や肩が凝って痛くなってしまいますよね。

「首が常に痛くてどうにかしたい...。」
「首が腫れている感じがある...。」

と、首に違和感を感じた時、リンパの流れが悪くなっているからと思う人も多いと思います。

そこで今回は、リンパ浮腫は首にも関係があるのかについてです。


▼リンパは身体中に張り巡らされています

リンパとは、リンパ管、リンパ液、リンパ節の総称で、血管と同じように身体中に張り巡らされています。

リンパは、体内に侵入してきた細菌やウイルス、不要な老廃物、余分な水分などを回収する重要な役割です。

しかし、血管と違って体内を循環する構造になっていないので、一方通行なところもあります。

それが原因で、リンパの流れが滞ってしまうことがあります。

また、リンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分が溜まってむくみが生じてしまいます。



▼首にもリンパ節が存在します

身体中に張り巡らされているリンパは、首のまわり、首の側方、耳からあごにかけて存在します。

リンパは足からのリンパ液を集めて背骨の横を通り、首の付け根で静脈に合流されます。

そのため、リンパの流れが滞ってしまい、むくみが生じてしまうと、首のリンパが腫れたり、全身のリンパ節が腫れる場合もあります。



▼リンパ浮腫の治療には、専門のセラピストによるリンパドレナージュの施術がおすすめ。

リンパの流れが滞ってしまうことが原因でむくみが生じてしまいます。

リンパ浮腫の治療には、専門のセラピストがリンパの流れを改善していくリンパドレナージュの施術をおこなっていきます。

首の痛みや肩こりも身体の不調に繋がってしまいます。

首に違和感があったり、辛いと感じている時は、首から肩にかけてリンパドレナージュの施術をおこなうことがあります。

また、その方の症状に合わせて施術を組み合わせていくので、辛いと感じるところがあれば、ぜひお任せください。