BLOGブログ
BLOG

リンパ浮腫って治るの?

2020/05/13
手術や放射線治療によってリンパ節を取り除いた後に、むくみが出るリンパ浮腫という症状が起こることがあります。

また、手術後すぐ起きる時もあれば、数年経った後にリンパ浮腫が起こることもあるので、むくみは日頃から気をつけておきたいですね。

よくリンパ浮腫って治りますか?と質問されることがあります。

そこで今日は、リンパ浮腫は完全に治すことができるのかお答えしたいと思います。


▼リンパ浮腫って治るの?

手術や放射線治療によってリンパ節を取り除いた場合、術後にリンパの流れが滞って起きるリンパ浮腫になる方が多くいらっしゃいます。

はじめは自覚症状がない場合が多いです。

リンパ浮腫が悪化すると、むくみによって身体が重く感じたり、関節を曲げるのも辛く感じることがあります。

リンパ浮腫の治療には、ケアによる施術や悪化した場合は、手術をすることもあります。

しかし、1回の治療で完全に治るというものではありません。

また、一旦良くなったからといって、完治する症状ではないので、症状が良くなってからもむくみの状態は日頃から気にしておかなければなりません。

そのため、リンパ浮腫は悪化させないためにも、専門のケアが大切になります。



▼リンパ浮腫は適切な治療と予防が大切です!

リンパ浮腫の治療には、リンパが滞ってしまいがちなところを改善するリンパドレナージュの施術をおこなっていきます。

専門知識や技術を持ったセラピストが、症状に合わせてリンパの流れを良くしていきます。

なかなかセルフケアだけではリンパの流れを改善することが難しいので、リンパドレナージュによって、身体のだるさや動きが改善されていきます。

治療と同時に、リンパ浮腫を予防する対策として、肥満予防、皮膚の乾燥予防も大切です。

肥満はリンパ管を圧迫し、リンパの流れを悪くする原因にもなります。

なにより身体に負担をかけないことが、リンパ浮腫の悪化を予防することができます。

リンパ浮腫を予防するセルフケアは、簡単にできることが多いので、治療と日頃のケアでリンパ浮腫を悪化させないようにケアをしていきましょう。